キビレ釣りのタックル

キビレルアー釣り釣り方入門へようこそ!

キビレ釣りのタックルのお話ですが。
あまり大げさに意識する必要は無いでしょう。

竿の長さは状況によって決めます。
そりゃあそうか?

周辺に障害物が無く、底も荒くなければバスロッドなど短めのロッドを使用すると楽しい。

ポッパーを使用するのであれば、若干固めのものが操作しやすいかな。

標準的には8〜9ft程度のシーバスロッドが良いでしょう。

リールも何でも良いでしょう。
使用するルアーが軽めのルアーですからスピニングタックルがお勧めです。

リールのサイズは2000〜3000番といったところですかね。

ちなみに、私はベイトは使えません。
技術的、かつ経済的に。

キビレが釣れる”という視点からならどんなタックルでもいいんです。

問題は気持ちよく釣れるか?
いかに楽しく釣るか?

やっぱりここですよね?

ラインの太さも8〜10lb程度でいいかな?
もちろん、それより太くても問題ないです。

操作性だけの問題。
PEなら18lbだって問題なし。

おっ、ショックリーダーは付けてくださいね。
キビレはゴロタ石や岩やカキ殻とお友達ですから。

25lb以上はほしいですね。
まあ、ムリに付けろとは言いませんが、私は付けます。
posted by ラテスJP at 23:30 | キビレ釣りのタックル
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。