キビレの釣り方

キビレルアー釣り釣り方入門へようこそ!

では、キビレの釣り方です。

ミノーを使ってキビレを狙う場合・・・っていうか、釣ったことはありますが、ミノーで狙ったことがないのです。

だから、釣れたときの状況しか語れません。
あしからずご了承ください。

まず、ルアーにアクションを付けるべきか付けざるべきか?
迷いますね?

どちらでも釣れます。

強いて言うなら、底が見えるような状態であればトゥイッチなどでキチヌを刺激して食わせるといった所か?

底が見えないような状態や、水が濁っているときはただ巻きでも釣れるときがあります。

ちなみに、昼でも夜でも釣りは可能です。
というより、釣れたことがあります。

実績ミノーのサイズは10〜125cmです。

さて、次にTOPでの釣り。
基本的にポッパーを使います。

早朝や夕方のマズメ時がベストタイム。
さすがに、棒引きでは反応は薄いです。

その日のHITパターンは探るしかないでしょう。

ポコッ・・ポコッ・・っと探るか、ポコッポコッポコッ・・・とやるか。

もっと激しく動かして、ストップを混ぜるか?

キビレのアタックはバチュッ!って感じで出ます。
結構、エキサイティングです。

魚信さえあれば、ハマる事間違いなしです。
ポッパーを水中に引き込んだ時が合わせ時だ。

ガッツリ合わせましょう!

さあ、最後はワームです。

ジグヘッドや小型のラバージグ等でもアタリはあります。
しかし、スプリットショットが使いやすいです。

基本ズル引きでOK。

ポイントはそのワームのサイズがそこで釣れるキビレの口に入るサイズがどうか。

そして、使用するワームフックが口入るフックかどうかに釣果の善し悪しがかかっています。

アタリがあるけど乗らない。
そんな時、各サイズを考える必要があります。

あとは合わせのタイミング。
これがなかなか難しい。

ココン・・とアタって合わせても、結構すっぽ抜ける。
合わせ自体で口からワームを引き抜いてしまっている感じだ。

となると、合わせのタイミングは反転して引き込んだ時となる。
しかし、反転する前にワームを口から離してしまうことが多い。

いかに、反転するまでワームを離させないようにするかが問題だね。

色々と試しましょう。
posted by ラテスJP at 22:04 | キビレの釣り方
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。